地場産物を利用した行事食
     <冬至(とうじ)> 冬至うどん   
 
 

 エネルギー 351kcal 
 たんぱく質 12.1g 
 脂質 3.7g 
 カルシウム 35mg 
 鉄 1.3mg 
 ビタミンA 100μgRE 
 ビタミンB1 0.17mg
 ビタミンB2 0.08mg
 ビタミンC 5mg
 食物繊維 4.0g
 食塩 3.9g
 マグネシウム 37mg
 亜鉛 0.8mg




 

 冬至の日に南瓜(なんきん)(かぼちゃ)やこんにゃくを食べたり、ゆず湯に入ったりすると、風邪をひかない、長生きをする、幸運が得られるなどといった言い伝えがあり、このような風習が古くから残されています。
 群馬県は、小麦の栽培がさかんなことから、うどんやおきりこみなど、小麦の粉を使った料理が昔から親しまれています。冬至にも、うどんに南瓜やこんにゃくを入れる『冬至うどん』がよく食べられています。
      学校給食献立例
   




冬至うどん・牛乳・かきあげ・ゆず白菜・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 ゆでうどん 880
 かぼちゃ(大きめ角切り ) 80
 豚もも肉 (角切り) 40
 だいこん(いちょう切り) 60
 にんじん(いちょう切り) 40
 しめじ(小房に分ける) 20
 根深ねぎ(小口切り) 20
 こんにゃく(短冊切り) 40
 ほうれん草(3〜4p幅) 40
 サラダ油 6ml
 こいくちしょうゆ 35ml
 本みりん 5ml
 かつお節 15
  560ml
食塩(ほうれん草の茹で塩) 


 
下ごしらえ
 
○こんにゃくをゆがく。
○かつお節と水でだし汁をとる。
○ほうれん草をさっと茹でる。
   
作り方
 
サラダ油で豚もも肉を炒める。だいこん、にんじん、こんにゃく、ほんしめじを順に加え、さらに炒める。
だし汁を加え、煮る。
根深ねぎを加え、こいくちしょうゆ、本みりんで調味する。
ゆでうどん、かぼちゃ、ほうれん草を加えて煮る。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.