地場産物を利用した行事食
     <初午(はつうま)> 初午団子(はつうまだんご)   
 
 

 エネルギー 205kcal 
 たんぱく質 3.7g 
 脂質 0.6g 
 カルシウム 5mg 
 鉄 0.6mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.03mg
 ビタミンB2 0.01mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 0.9g
 食塩 0g
 マグネシウム 14mg
 亜鉛 0.6mg




 

 2月の暦の最初の午(うま)の日に、蚕の神様をまつる農事の祭りを「初午(はつうま)」といいます。
 この日は、米の粉のだんごを作り、近所の家に配る風習があり、大勢にふるまうほど、「まゆかき」が賑(にぎ)やかになってよいといわれていました。
 まゆ玉にみたてた団子は、中に小豆を一粒入れ、合計十六個作り、ざるの中にマブシ(わらのようなもの)を入れ、蚕がまゆを作るように飾ります。
 あんの入らない団子を食べるときは、しょうゆをつけずに食べます。これはしょうゆをつけると、まゆがシミになって不良まゆになると嫌われていたためです。

※ 「まゆかき」は、まゆから毛羽をとる作業のこと。
      学校給食献立例
   




わかめうどん・牛乳・煮しめ
アーモンド和え・初午団子・みかん



 

 
 材料 (16個分) 分量(g)
 上新粉 1kg
 熱湯 適量
 あずき(乾) 16個
 こしあん 500



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)はさっと洗った後、一晩水につけてもどしておく。
   
作り方
 
こね鉢に上新粉を入れ、熱湯を注ぎ込み、耳たぶくらいのかたさによくこねておく。
飾り用のまゆ玉団子は、生地を直径2.5cmくらいの棒状にして、約3cmの長さに16個ちぎり、中に下ごしらえしておいたあずきを一粒入れ、まゆの形に丸める。
あん入り団子は生地をピンポン玉くらいに丸めてから、両手で円形にのばし、あんこを包んでもう一度丸める。
蒸し器にふきんをしき、団子を並べて15分から20分蒸す。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.