地場産物を利用した行事食
     <節分> なたもち  
 
 

(1人5個)
 エネルギー 263kcal 
 たんぱく質 2.9g 
 脂質 4.0g 
 カルシウム 27mg 
 鉄 1.2mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.11mg
 ビタミンB2 0.04mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 1.9g
 食塩 1.0g
 マグネシウム 33mg
 亜鉛 1.0mg




 

 静岡県の遠州(えんしゅう)地方では、節分の日に厄年の人がいる家では一升の餅をつき、なた餅づくりをします。
 なた餅づくりは戸口でおこなわれていました。特に厄年の人は、袋に入れた餅を四つ辻(交差点、電柱など)に置き、それを子どもたちが拾い集めて食べていました。子どもに食べてもらうことで、厄落としをしていました。
 当初はなたを使って餅を切り分けていたとか、鬼や厄を断つ「鉈(なた)」のような効果を期待した名称であるとも言われています。
      学校給食献立例
   




大豆わかめご飯・牛乳・いわしの照り焼き  
煮浸し・みそ汁・なたもち



 

 
 材料 (1回分) 分量(g)
 もち米 1,500
 きな粉 350
 砂糖(上白糖) 350
 食塩 20



 
下ごしらえ
 
○前日、もち米は洗ってたっぷりの水に漬けておく。
   
作り方
 
ふつうのもちを作る要領で、蒸し器にふきんをかけもち米を平に入れ、20〜25分蒸す。
1を水にぬらしたすりこぎでつぶし、もちを作り一口大の丸い形にする。
きな粉、砂糖(上白糖)、食塩をよく混ぜておく。
もちがあついうちに、きな粉をまぶす。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.