地場産物を利用した行事食
     <春神楽(はるかぐら)> うずめめし  
 
 

 エネルギー 476kcal 
 たんぱく質 14.2g 
 脂質 4.1g 
 カルシウム 105mg 
 鉄 1.6mg 
 ビタミンA 79μgRE 
 ビタミンB1 0.38mg
 ビタミンB2 0.09mg
 ビタミンC 2mg
 食物繊維 2.2g
 食塩 1.3g
 マグネシウム 59mg
 亜鉛 1.9mg




 

 うずめめしは津和野(つわの)の代表的な郷土料理です。これは、粗末さをはばかって、ご飯の底に具を埋め、伏し目がちに供したということから、この名がついたと言います。古くから、春神楽をはじめ、様々な行事の酒宴後には必ず出された格調高い料理です。
 うずめめしに欠かせないのは「根わさび」と「せり」であり、この香りが料理のおいしさを一層引き立てます。根わさびやせりの栽培には清流が必要です。津和野は青野山(あおのやま)のふもとに清流が流れ、古くから根わさびやせりの栽培が行われていました。
      学校給食献立例
   




うずめめし・牛乳・さわらの抹茶味噌かけ
あすっこのあえ物・苺

※「あすっこ」とは、ビタミン菜とブロッコリーをかけ合わせた島根県オリジナルの野菜で、見た目は菜の花に似ている。



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 精白米 440
 水 600ml
 乾しいたけ
 (0.5cmさいのめ切り)   
6
 にんじん
 (0.5cmさいのめ切り)   
40
 木綿豆腐
 (0.5cm小口切り)
280
 蒸しかまぼこ
 (0.5cmさいのめ切り)    
60
 せり(0.5cm小口切り) 40
 根わさび(すりおろす) 10
 焼きのり 1.2
 こいくちしょうゆ 4ml
 うすくちしょうゆ 10ml
 本みりん 5ml
 清酒 6ml
 食塩 1.2
 まこんぶ 4
 かつお節 8
 水 200ml



 
下ごしらえ
 
○精白米は洗って水気を きっておく。
○乾しいたけは水でもどしておく。
○まこんぶとかつお節と水でだしをとる。
   
作り方
 
ごはんを炊く。
だし汁の中にもどししいたけ、にんじんを入れて煮る。
蒸しかまぼこ、木綿豆腐を入れて煮る。
こいくちしょうゆ、うすくちしょうゆ、本みりん、清酒、食塩で調味する。
せり、焼きのりを入れる。
器にうずめめしの具を入れて、上にごはんを入れる。根わさびをおく。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.