地場産物を利用した行事食
     <秋祭り> 金時豆入りかきまぜ  
 
 

 エネルギー 396kcal 
 たんぱく質 11.9g 
 脂質 4.6g 
 カルシウム 68mg 
 鉄 2.3mg 
 ビタミンA 179μgRE 
 ビタミンB1 0.09mg
 ビタミンB2 0.14mg
 ビタミンC 7mg
 食物繊維 1.9g
 食塩 0.8g
 マグネシウム 41mg
 亜鉛 2.3mg




 

 徳島県では、五目ずしのことをかきまぜと呼んでいます。かきまぜは、一年を通じて行事の時に必ずといっていいほど作るハレの日の食です。米の県内自給が低い県であったため、たくさんの具をすし飯に入れて、米の量を補っていました。
 また、昔から甘いものをごちそうとしてきた事などにより、甘い寿司がおいしいとされ、現在も金時豆をかきまぜに入れています。特に秋祭りのかきまぜの具は、金時豆やその時期にその土地でとれたものを細かく切り、甘辛く煮たものを用います。すし酢にはすだち・ゆず・ゆこうなどの香り高い果汁を絞って使用しています。
      学校給食献立例
   




金時豆入りかきまぜ・牛乳・竹輪の天ぷら
ほうれん草のごま和え・みそ汁・みかん



 

 
 材料 (10人分) 分量(g)
 精白米 800
 まこんぶ 5
 清酒 10ml
 すだち(果汁) 120ml
 砂糖(上白糖) 20
 食塩 10
 水 1000ml
   
 金時豆(乾) 150
 ざらめ糖(中ざら糖) 60
 食塩 少々
   
 ごぼう(小さめささがき) 100
 さといも(小口切り) 200
 にんじん(2p細切り) 100
 凍り豆腐(2p細切り) 30
 焼き竹輪
 (1/4に切り小口切り)
80
 ほしひじき(ざく切り) 10
 砂糖(中ざら糖) 70
 うすくちしょうゆ 26ml
   
 鶏卵 150
 砂糖(上白糖) 15
 食塩 1
   
 さやえんどう(せん切り) 50
 紅しょうが 20



 
下ごしらえ
 
○精白米は洗って水気をきっておく。
○金時豆(乾)は水につけ一晩おく。その汁でやわらかく煮て、ざらめ糖(中ざら糖)・食塩で味付けする。
○ほしひじきは水でもどしておく。
○煮干しと水でだし汁をとる。
○さやえんどうはスジを取り、塩ゆでする。
   
作り方
 
精白米にまこんぶと清酒を入れて炊く。
すだち汁・砂糖(上白糖)・食塩を混ぜ合わせ酢にする。
だし汁に、具材を入れて砂糖(中ざら糖)・うすくちしょうゆで煮てざるにあげ、残りの煮汁でもどしたひじきを煮る。
鶏卵は砂糖(上白糖)・食塩を入れて薄焼きにしてせん切りする。 
ご飯に、2を混ぜて、すし飯をつくる。
3と金時豆、さやえんどう、たまごをすし飯に混ぜ合わせ、皿に盛り紅しょうがを散らす。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.