カレーライス(カレー) [かれーらいす]  
 
 

 
ごはん(麦入り)

 
牛乳

 
カレー

 
コールスローサラダ

 
 

 

 
   
 
 

 

   
   
 
エネルギー
たんぱく質
脂質
カルシウム

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
食物繊維
食塩
マグネシウム
亜鉛
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
703kcal
21.9g
26.1g
281mg
1.5mg
378μgRE
0.49mg
0.48mg
38mg
4.5g
2.3g
70mg
3.0mg
 
 横須賀市は「カレーの街」と呼ばれています。それは、明治時代に日本の海軍が、栄養バランスがよく、調理の簡単なカレーに目をつけ、艦艇での食事に取り入れたことが始まりと言われています。最初、カレーはパンにつけて食べたそう
ですが、パンにつけたのではどうも力が出ないということで、ごはんにかけて食べてみたところ「これはイケル」ということで日本海軍の食事は「カレーライスにきまり!」となったそうです。艦艇からおりた人たちが、それぞれの故郷に持ち帰り、カレーを広めました。横須賀市の学校給食では、いろいろな「カレー」をみなさんにお届けしています。

 カレーが世界中に広まったのは、1772年、ウオーレン・ヘステイングというイギリス人がカレーとインドの米をイギリスに持ち帰り、イギリス王室に献上したことがきっかけと言われます。その後、カレーはヨーロッパ中に広まり、日本へ
は、明治のはじめ頃、横浜や神戸にできた西洋料理店で売り出され人気を呼んだ。カレーには何種類ものスパイスが使われている。代表的なものは、クローブ、ターメリック、ペッパー、とうがらし、コリアンダー、クミン、シナモン、ナツメグなど。スパイスには、食べ物に香りや辛みをつけて、味を引き立て、食欲を増す働きがある。
   
 
  《参考資料》    
  「ウイキペデイア(Wikipedia)」 フリー百科事典