沖縄県 OKINAWA
   
  沖縄県は、亜熱帯性気候で1年を通し温暖な気候に恵まれています。青く澄んだ海や青い空と豊かな自然環境が残る「独自の歴史と文化」を持つ日本最南端の島です。
 かつて「琉球王国」と呼ばれ、日本とアジア諸国を結ぶ中継貿易を担う独立国家として独自の文化を形成してきました。伝統工芸品や伝統食など他府県にはない個性豊かな数多くの物産が琉球王朝の文化遺産を今に伝えています。
 独特な食材や調理方法を用いた沖縄の料理は、琉球を揺るがす大きな出来事をきっかけに発達をみせたといわれています。14世紀から19世紀までつづいた琉球王朝時代、特に中国や日本、薩摩との歴史的なかかわりの中で生まれ発達しました。
 

  イナムドゥチ    沖縄そば    ゴーヤーチャンプルー


 

  イナムドゥチ    いなむどぅち      
   
エネルギー ・・・・・ 94kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 20.9g
脂質 ・・・・・・・・・・ 3.0g
カルシウム ・・・・・ 16mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 0.6mg
ビタミンA ・・・・・・・ 0μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.08mg
ビタミンC ・・・・・・・ 0mg
食物繊維 ・・・・・・・ 1.0g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.5g
マグネシウム ・・・・ 7mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 0.4mg


由 来
 イナは猪、ムドゥチは「もどき」という意味です。昔は、猪の肉が使われていましたのが次第にぶた肉を使うようになり、なまって「猪 ムドゥチ」の名がついたと言われています。
 昔は、沖縄全島にイノシシがいましたが、開発が進み山林が少なくなるにつれて北部に追いやられ、今ではなかなか見られなくな りました。中南部にイノシシがいたころは、首里や那覇の料理にもふんだんにイノシシ料理が出 ましたが後世になるにつれてだんだんイノシシ料理も食べ られなくなりました。そのころになって都人士(みやこじんし)の風流人たちがイノシシ料理をしのんで「イナムドゥチ」という料理名を考え出したものと言われてい ます。


材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 豚もも肉(かたまり)は、あく取りをしながらゆでる。
○ 豚だし骨とかつお節でだし汁をとる。
○ 乾しいたけは水でもどしせん切りにする。
○ 板こんにゃくはゆでてあくぬきする。

作り方
だし汁に豚もも肉、もどししいたけ、板こんにゃくを入れ煮る。
材料に火がとおったら、かまぼこを入れ甘口みそを加え味をととのえる。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
Eだし汁→@豚もも肉→Aもどししいたけ→B板こんにゃく→
Cかまぼこ→D甘口みそ

  @ 豚もも肉(短冊切り)・・・・・・・・・・
A 乾しいたけ(せん切り)・・・・・・・・
B こんにゃく(短冊切り)・・・・・・・・・
C カステラかまぼこ(かまぼこ)・・・
  (短冊切り)
D 甘口みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
E 豚だし骨・・・・・・・・・・・・・・・・・・
F かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・
G 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20g
1.5g
30g
15g
 
16g
15g
3g
200g
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


 

  
 


  沖縄そば    おきなわそば     
   
エネルギー ・・・・・ 366kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 20.94g
脂質 ・・・・・・・・・・ 10.4g
カルシウム ・・・・・ 24mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.2mg
ビタミンA ・・・・・・・ 14μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.38mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.14mg
ビタミンC ・・・・・・・ 1mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.3g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 3g
マグネシウム ・・・・ 57mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.7mg


由 来
 「沖縄そば」は400年から500年前に中国から伝えられました。これに改良を加え、琉球王国宮廷料理としての「沖縄そば」が確立しました。王族や貴族の食べ物であった「沖縄そば」は、明治時代になると庶民でも食べられるようになりましたが、やはり豊かな人たちの食べ物でした。庶民が食べられるようになったのは、戦後になってからです。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ 豚かたロースはかたまりのままゆでておく。
○ 豚だし骨ととりがら、かつお節でだし汁をとる。


作り方
だし汁に食塩、こいくちしょうゆ、泡盛(清酒)で味をととのえる。
ゆでておいた豚かたロースを切る。
砂糖(三温糖)、本みりん、泡盛(清酒)、こいくちしょうゆ、だし汁を煮立て、切った豚かたロースを入れて煮ふくめる。
鶏卵をとき、うす焼き卵をつくりせん切りにする(錦糸卵を作る)
丼に熱湯を通したそばをもり、その上に豚かたロース、かまぼこ、錦糸卵、葉ねぎをのせ、1のそば汁を注ぐ。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
ABCD→EFG→HIJKL→MN→@→O→P

  @ 沖縄そば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A 鶏がら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B 豚だし骨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C かつお節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
D 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
E 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
F こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
G 泡盛(清酒)・・・・・・・・・・・・・・・・
H 豚かたロース・・・・・・・・・・・・・・・
 (平たい大切り)
I 砂糖(三温糖)・・・・・・・・・・・・・・・
J 本みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
K 泡盛(清酒)・・・・・・・・・・・・・・・・
L こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
M 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
N サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O かまぼこ(0.5pスライス)・・・・・
P 葉ねぎ(小口切り)・・・・・・・・・・・
144g
20g
20g
3.2g
150g
1.6g
2g
8g
40g

1g
1g
1g
3g
10g
2g
16g
2.4g
   


 

  



 

  ゴーヤーチャンプルー 
 ごーやーちゃんぷるー
 
   
   
エネルギー ・・・・・ 168kcal
たんぱく質 ・・・・・・ 10.8g
脂質 ・・・・・・・・・・ 11.9g
カルシウム ・・・・・ 91mg
鉄 ・・・・・・・・・・・・ 1.9mg
ビタミンA ・・・・・・・ 77μgRE
ビタミンB1 ・・・・・・ 0.13mg
ビタミンB2 ・・・・・・ 0.23mg
ビタミンC ・・・・・・・ 76mg
食物繊維 ・・・・・・・ 2.9g
食塩 ・・・・・・・・・・・ 1.2g
マグネシウム ・・・・ 51mg
亜鉛 ・・・・・・・・・・・ 1.2mg

 
由 来
 「チャンプルー」は、沖縄を代表する家庭料理の一つです。いろいろな食材を混ぜるという意味があります。
 チャンプルーの語源は、マレー語やインドネシア語の「チャンプール」にあるといわれていますが、調理法については、交易のあった中国や東南アジアの影響を少なからず受けているようです。
 さて、その「チャンプルー」の欠かすことの出来ない食材が豆腐です。豆腐とゴーヤーを炒めれば「ゴーヤーチャンプルー」、豆腐ともやしを炒めれば「マーミナ(もやしの方言)チャンプルー」と使う食材によって名前が変わってきます。
 沖縄には「チャンプルー」と「イリチー」2種類の炒め物ですが「イリチー」は豆腐は使わない炒め物です。

 
材料・分量 下ごしらえ・作り方

 

材料(小学校3,4年生1人分)

分量

    下ごしらえ
○ にがうりは、たて2つわりにし、中の種とわたをスプーンで取りのぞき
 スライスし、うす塩をしておく。

作り方
にがうりがしんなりしたら軽くしぼっておく。
なべにサラダ油を熱し、沖縄豆腐を手で大きめにちぎって色づくまでいためて取り出しておく。
なべにサラダ油をたし、にがうりを入れていため、食塩を加え2の沖縄豆腐といため合わせる。
鶏卵をとき、3に流し入れて全体に混ぜ合わせ、仕上げに糸けずり節とこいくちしょうゆを加える。

〈子どもたちが作るための手順〉
※材料を使う順番にじゅんびしておきましょう
F→A→@D→A→B→C→E

  @ にがうり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  (たて2つわり0.3pスライス)
A 沖縄豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B 鶏卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C 糸けずり節・・・・・・・・・・・・・・・・・
D 食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
E こいくちしょうゆ・・・・・・・・・・・・・・
F サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100g

50g
30g
2g
0.8g
5g
5g