地場産物を利用した行事食
     <秋祭り> 笹寿司  
 
 

(3枚分)

 エネルギー 346kcal 
 たんぱく質 6.1g 
 脂質 6.7g 
 カルシウム 14mg 
 鉄 0.7mg 
 ビタミンA 4μgRE 
 ビタミンB1 0.08mg
 ビタミンB2 0.06mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 2.0g
 食塩 1.5g
 マグネシウム 26mg
 亜鉛 1.2mg




 

 天文22年(1553年)から12年にわたって争われた川中島の合戦(かわなかじまのかっせん)では、信州と越後(えちご)の国境である「富倉(とみくら)峠道」が重要な軍用路となり、上杉謙信(うえすぎけんしん)は数千の兵を引き連れて川中島に向かったとされます。
 飯山市(いいやまし)と富倉に伝わる「笹寿司」は、その休息する軍勢にふるまったのが始まりとされ、別名「謙信(けんしん)ずし」とも言われています。
 酢をきかせた飯を、抗菌作用のある笹の葉にのせるという二重の防腐作用があり、保存食、携帯食でした。平成12年に長野県選択無形民俗文化財に指定されています。

 
      学校給食献立例
   




笹寿司・牛乳・凍り豆腐と豚肉の甘辛揚げ
さつま汁・りんご



 

 
 材料 (25枚分) 分量(g)
 精白米  450
 もち米 150
 水 660ml
   
 米酢 80ml
 砂糖(上白糖) 27
 食塩 3
   
 菜種油  30ml
 乾しいたけ(荒みじん) 10
 ぜんまいゆで(1cm) 100
 大根漬物味噌漬け(0.5cmせん切り) 70
 かつお節 5
 砂糖(上白糖) 9
   
 鶏卵 50
 砂糖(上白糖) 1.5
 食塩 0.5
 菜種油 5ml
   
 くるみ(荒みじん) 30
 生姜甘酢漬(せん切り) 30



 
下ごしらえ
 
○乾しいたけは洗って水でもどす。笹の葉25枚は洗って、ふいておく。
   
作り方
 
精白米ともち米を洗って固めに炊く。 
米酢・砂糖(上白糖)・食塩をよく混ぜ、炊き立てのごはんに混ぜてさます。
鶏卵は溶いて調味料を加え、フライパンにうすく油をひいて、錦糸卵を作る。 
鍋に油を熱し、弱火でぜんまい・もどししいたけ・味噌漬けを炒める。かつお節と砂糖(上白糖)を加えてじっくり炒める。
笹の上にごはんを小判型にのせる。笹の根元の方から、ぜんまいの炒め煮、錦糸卵をのせ、真ん中に生姜甘酢漬け、その上にきざみくるみの順にのせる。
上から手で押さえて、なじませる。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.