地場産物を利用した行事食
     <十五夜> へそ餅  
 
 

(1人3個)
 エネルギー 90kcal 
 たんぱく質 3.5g 
 脂質 1.6g 
 カルシウム 1mg 
 鉄 0.2mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.02mg
 ビタミンB2 0.11mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 0.2g
 食塩 0g
 マグネシウム 6mg
 亜鉛 0.3mg




 

 へそ餅は全国でも駿河(するが)地方のみにある月見団子です。
 由来ははっきりしませんが、徳川家康(とくがわいえやす)が幼少時代、今川(いまがわ)氏の人質として駿府城(すんぷじょう)にいた時、三河(みかわ)からの付き人が元気に丈夫に育つようにとの思いから、餅に「へそ」を作り、そこにあんを添えて食べさせたのが初めだと伝えられています。
 旧暦八月は収穫の直前、旧暦九月は収穫にあたり、月見が行われる月は農耕生活上、きわめて重要な月です。へそ餅は、必ずその年の新米で作るという伝えであり、新米ができない時には、新米を3~4粒古米に混ぜてこれを作りました。
 
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・あじの唐揚げ 
いもこ汁・即席漬・へそもち



 

 
 材料 (15個分) 分量(g)
 上新粉 125
 熱湯 100ml
 あずき(乾) 60
 砂糖(三温糖) 70
 食塩 1.5
 水 100ml



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)は、2~3回ゆでこぼし、柔らかく茹でる。砂糖(三温糖)を加えて、ぽってりとつやがでるまで煮て、最後に食塩を加え、あんを作っておく。
   
作り方
 
上新粉に熱湯を少しずつ入れて耳たぶぐらいのかたさになるまで、練る。
1を団子に丸め15個程度作り、これを手の平で平たくしてからまん中に、へそのようなくぼみを作って10~15分蒸す。
好みで、別にあんこを供え、へそのくぼみに入れて食べる。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.