地場産物を利用した行事食
     <端午の節句(たんごのせっく)> がめの葉もち  
 
 

 エネルギー 199kcal 
 たんぱく質 4.5g 
 脂質 0.6g 
 カルシウム 12mg 
 鉄 1.0mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.09mg
 ビタミンB2 0.03mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 2.5g
 食塩 0.1g
 マグネシウム 23mg
 亜鉛 0.6mg




 

 がめの葉もちは、福岡県内(特に筑前(ちくぜん)地方)で名づけられ、端午の節句(たんごのせっく)に食べられてきました。筑前地方では「亀」のことを「がめ」と呼び、がめの葉の葉脈が、亀の甲羅(こうら)の形に似ていることから、 サルトリイバラはがめの葉と呼ばれています。
 柏(かしわ)の木が少ない西日本では、柏の葉の代わりに表面がスベスベしているがめの葉を用いています。ところによっては、さんきら(山帰来)饅頭(まんじゅう)とも言います。
      学校給食献立例
   




グリンピースごはん・牛乳・かつおのみそだれかけ
わらびの炒め煮・じゅんさいのお吸いもの・がめの葉もち



 

 
 材料 (10個分) 分量(g)
 上新粉 300
 あずき(乾) 130
 砂糖(上白糖) 120
 食塩 1
 がめの葉
 (サルトリイバラの葉)
20枚
 でん粉 少々
 サラダ油 少々



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)をゆで、砂糖(上白糖)、食塩を加え、あんを作る。
   
作り方
 
上新粉に水を加え、耳たぶ位のやわらかさになるまで手でこねる。
手にでん粉を少しつけ、1を適当な大きさに広げ、あんを包み入れて、だんごを作る。
がめの葉にサラダ油を軽くつけ、2のだんごをはさむ。
蒸し器で10~13分蒸す。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.